鋳物調達事業

鋳造・鋳物とは

鋳造(ちゅうぞう)とは、金属材料(鉄・アルミ・銅など)を融点よりも高い温度で熱して液体(溶融金属)にし、型(鋳型)に流し込み、冷やして目的の形状に固める加工方法です。
鋳造に使用する型のことを鋳型(いがた)といい、鋳造でできた製品のことを鋳物(いもの)と言います。

鋳物・鋳造品の用途

鋳造加工は紀元前から行われていたと言われるように大変歴史のある加工方法です。日本でも、古くから仏像や寺の梵鐘で鋳物を見ることができます。
現代では、自動車部品、油圧部品・バルブなど各種産業機械用部品、置物、鉄鍋のような日用品にまで広く鋳物品が用いられています。

鋳造加工の材料に用いる鋳鉄

鋳造加工に用いる代表的な鉄材料、鋳鉄(ちゅうてつ)とは、炭素(C)を2.1%以上含む鉄の合金です。炭素を含むことで融点が下がり、純鉄の融点が1530℃に対して、鋳鉄の融点は1200℃程度であり、鋳鉄は鋳造加工に用いられています。鋳鉄には、炭素(C)の他にケイ素(Si)、マンガン(Mn)、リン(P)、硫黄(S)が含まれており、これらの添加成分の比率によって特性が変わります。
当社では主に鋳鉄の中でも一般的な「ねずみ鋳鉄/FC」「ダクタイル鋳鉄/FCD」を取り扱っております。

地球環境への貢献

地球環境保全の観点から昨今工業製品のリサイクルが声高に語られるようになりましたが、鋳物はずっと以前よりごく当たり前のようにリサイクルされており、ほぼ100%に近いリサイクル環境が整っております。

鉄資源リサイクルシステム